スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ

今日の朝、火葬をしに行ってきました。
天気は、大雨。
みんな、な~たんの事を悲しんでいるんだね。

やっぱり、朝はバタバタで・・・。
時間があったので、先にナビの設定しに行ったら場所がでなくって、慌ててPC立ち上げて調べて・・・。
だいぶ時間をくってしまいました。
な~たんとの時間を沢山取っていたのに。
な~たんの姿をゆっくり見る事ができませんでした。

最後は、な~たんと一緒にいたかったので、運転は弟にしてもらいました。
ナビどおりに行ったら、やっぱり、つけなくて(ーー;)ギリギリになっちゃいました。
もう少し、な~たんを見ていたかったのですが、火葬まで早すぎでした。
最後は、な~たんの手を取って握手しました。

な~たんには、最後まで好きなものは食べてくれたシー*と、最後に口にしたささみを入れてあげました。
一緒に焼くお札には、初めて「ママ」の文字を入れました。
私的には、な~たんのおかあさんとは思っていなくて、兄弟のつもりでいたのですが、な~たんは、私のことをなんて思っていたのかな?
おかあさんって思ってくれてたのかな?
でも、態度は王様だったから、所詮、召使かな?

ホント、な~たんに聞きたい事はいっぱいありました。
いつ、どこで生まれたの?
どんなところで飼われていたの?
本当の名前は何?
とかも知りたかったです。

な~たんの骨、私にはもろく感じたんです。
病気もあったから。
でも、聞いたら「硬くて丈夫ですよ」って。
今は、大好きな押入れに入れてあります。
そして、押入れの戸をあけてあります。


話は前後しますが・・・。


深夜まで、ずっと、な~たんの気配はあり続けました。
時々、聞こえる息使い、寝返りをうつ音。
空耳なんでしょうけどね。
私には確かに聞こえたんです。

昨日の夕方、家に帰ってな~たんを改めて見ました。
ぱっと見、いつも寝ている格好だったので、本当に命がないだなんて思えなくて。
最後の姿を写真に収めました。
母親も、もう、な~たんは動くわけないのに
「ほら、ここ、動いてるよ」
って。
私も、おひげが動いてるように見えて。
いつも、怒るので触れなかった体をいっぱいなでました。


初めての入院の時も、いないのにな~たんがいるところに目が行ったりしていて凄く悲しかったのですが・・・。
もうね、部屋から出る時に
「な~たん、行ってくるね。すぐ戻ってくるから、お利口にして待っててね」
とか、無意識のうちに口に出ちゃうんですよね。

2時過ぎに、私はたまたま1階にいたのですが。
はるちゃんが、自分のいる部屋の戸のところまで行って、においかいだり、じっと戸を見たりしてしばらく動かなかったんです。
実際にな~たんが、いてもそんな事しなかったのに。
な~たんが、はるちゃんに挨拶しにきたのかな?
と思って。
ちょうど、1日前、な~たんがうんこした後、呼吸異常を起こした時間でした。

棺おけも押入れに入れていましたが、棺おけに描かれている星のもようが、ちょうど目が光ってるように見えて。
ずっと、な~たんがこっちをみてるかのようでした。


まだ、信じられないですし、後悔してる事もいっぱい。
一番大好きなまぐろのお刺身、食べさせてあげたかったって思いますね。
でも、最後に食べたのは、ささみ1日分でしたから。
少しは満足してくれているのかな?

な~たんと一緒にいたから、ブログでも猫友達が沢山できて。
最初、CURURUではな~たんの事を書くつもりなかったので、私のHNと同じになっちゃって紛らわしくなっちゃいましたが、みなさんと出会えたので、な~たんにはお礼を沢山いいたいです。

な~たんがいる時に
「あ~、このLIVE行きたいな~」
「温泉、いいな~」
「あ~、友達に会いたいな~」
とか言ってたんで、な~たんはそれを聞いてたのでしょう。
私欲はダメですね。

な~たんの亡くなる前日、食べないな~たんに凄く怒っちゃって。
お金の話もしちゃったんです。
「な~たん食べて元気になってくれないと、な~たんが食べたいものも買えなくなっちゃうよ」
って。
貯金も半分近くになっていましたから、少しは働かないとな~たんにお金をかけられなくなる。
検査の話の時に、だいたいの金額も聞いていて、色々やると10万近く。
切り取れる腫瘍とかあったら、手術代もあるし。
それでなくても、今後、緊急で手術することも出てくるかもしれない。
その時に、お金がなくて断念するのも嫌だったので、早く少しでも状態がよくなって、2~3時間でも働かないと!って思ってましたかね。
そういうのもな~たんは聞いていて
「もう、僕は生きてない方がいいんだね」
って思ってしまわなかったかな?って。

いつも、な~たんに明るく接してあげれなくて、感情むき出しで、な~たんも反発して怒って。
今回の入院時に気持ちを改めようと思ったのに遅すぎましたね。
なんか、楽しかった思い出って何もないんですよね。
それだけ元気な時は、な~たんをほおっておいてばかりだったんです。
病気になってからの記憶しかないです。

他の人には
「仕事よりな~たんを取って面倒見てたんだから」
といわれますが、一緒にいただけ。
寝てたり、PCしたり。
あんまり構っていなかったような気がするんです。
な~たんの事を先にしてあげればいいのに、訴えてるのに
「ちょっとまっててね」
って言ったり、かなり私欲を優先してたように思うんです。
出かけれなくてイライラしたり。
だから、自ら死を早めたような気がしてならないんです。

失恋でも、かなり立ち直りに時間がかかっていた私は、な~たんの事で立ち直るには、もっともっと時間がかかるんじゃないかな?
しばらく時間をおいて、目いっぱい遊んで気を紛らせて、元気になって仕事を見つけたいと思います。
な~たんが、私に自由になる時間をあたえてくれたのだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

家族って他人とは違って
わがままや色んな事言い合って過ごすものだと
思います。
なーたんさんとなーたんは家族だったと思います。
ママであり兄弟であり・・なーたんは幸せだったと思います。
十分わかってたと思います。
忘れることは出来ないけど失ったものはとても大きい。
思い出に変わるまでなーたんさんも時間がかかると思う。
私だって今でもツライ。だけど亡くなった子達が残してくれたものが
たくさんある・・
今すぐ働かなくてもいいと思うよ。
自分の気持ちの整理がつくまで
ゆっくり過ごしてください。

Re: No title

 はなぴんさま
有難うございます。
私とはなぴんさんが出会えたんだから、きっと、な~たんとさくちゃんも出会えてると思います。
もう、仲良くしてるかもしれませんね(^^)

ご無沙汰しております

覚えていらっしゃるでしょうか。
mixiでお話しさせて頂いたぶりちょんです。
久々にブログを拝見したら、、驚愕しました。

心からお悔やみ申し上げます。

なーたんは、本当に幸せだったと思います。

猫特有の、気まぐれ、ツンデレ!?を持ちながらでも、深く、深く愛していたと思いますし、今もずっと愛していると思います。

どうか、泣いても、喚いても構わないので、どうか一緒にいた日々を慈しんで下さい。

いつかきっと、一緒に笑う日が来ますから。

長文、失礼いたしました。お気に障りましたら、削除してくださいませ。

Re: ご無沙汰しております

 ぶりちょんさま
有難うございます。
また、のぞいてくれたことにも感謝しています(^^)
削除だなんてとんでもない。
本当にお心遣い有難うございます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。