FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、な~たんが夢に出てきてくれました。
起きた時「今日はあまり、夢を覚えていないな~」と思ったんですけど、前回みたいにはっきり思い出せませんでしたが、前半部分はちゃんとどんな夢だったか思い出せました。

昨日、はるちゃんが、階段があるほうの戸の方をしばらく見ていました。
その時「な~たんがきてるのかな?」って思いました。
だから、夢を見たのかもしれません。

夢の中で、な~たんの鳴く声が聞こえて、戸を開けるとな~たんがいました。
元気な頃のな~たんの姿でした。
目の前にな~たんが・・・凄く嬉しかったです。
本当に戻ってきてくれたんだって。
「な~たんがいるよ!」って家族に声をかけて、部屋を出ました。
な~たんは、いつものように階段を上って一番上のところで休憩?していました。
何度も名前を叫んで、嬉しくて抱きかかえようとしたら、部屋に歩いていってしまいました。
それも、触ろうとした瞬間に半透明になって私の手はな~たんの体を触れませんでした。
映画みたいに(笑)手がな~たんの体をすり抜けてしまいました。
「生き返ったわけではなく、霊体なんだ」ショックを受けながらも、部屋に行くとな~たんがいました。
どこにいたか、何をしたか、次は触れたのかまでは覚えていませんが、少し続きがありました。

前回もそうでしたが「な~たんが帰ってきた」って思いがあったので、夢の中で「もういない」という事を植えつけてるのかもしれませんね。
なかなか、死を受け入れられない自分がいますから。
でも、夢でも出てきてくれると嬉しいですね。
夢の中での喜びが大きすぎて、今は凄く寂しいですけどね(/_;)

今日でな~たんが亡くなってちょうど1ヶ月経ちました。
そして、今日、やっとな~たんが夢に出てきてくれました。

起きた時
「そういえば、な~たんが出てきたような気がする」
って、その程度だったんです。
いつもは、そのまま思い出せずに終わるのですけどね。
「気のせいかな?でも見たような気がする」
「うん、絶対に出てきた」
と思った瞬間、どんな夢だったか鮮明に思い出す事ができました。
こんな事って初めてでした。

ベッドの上でいつものように、寝転がってました。
服は着ていませんでした。
体のあちこちから傷だらけだった頃くらいのな~たんでした。
なので、まだ毛も長かった方です。
このくらいの頃かな?

110417_1302.jpg


しばらくして、突然起き上がってお座りして体を舐め始めました。
いつも、痒い時は、突然むくっと起きて、急いで舐めていましたからね。
過剰グルーミングで、胸からおなかにかけて血まみれになっていました。
人間で言うと、両胸とおへその辺り。
いつもなら、止めに入っていましたが、なぜか見ているだけでした。

な~たんは、よみがえったという感じでした。
転がっているな~たんを見て
「腹水はちょっと減ってるみたいだな」
って思っていました。
なぜか、よみがえった事に喜びを感じる事はありませんでした。

舐めまくるな~たんを見て
「腹水が減って、届く(舐められる)範囲が広がっちゃったなぁ」
って思っていたんです。
「やっぱり、エリザベスカラーをしなくちゃいけないかな」
と、カラーを取りに行くところで夢は終わってしまいました。

触れる事はできませんでしたが、夢に出てきてくれてよかったです。
でも、血まみれの体というのがひっかかります。
傷だらけだった頃の体と違って、口からの出血が止まらなかった時のように、体が真っ赤にそまっていましたから。
印象に残っている部分が強調されるのでしょうけど・・・夢辞典で調べた方がいいかな?

供養祭

今日は、な~たんの合同供養祭に行ってきました。

49日経っていないんですけどね。

「11月に亡くなった子」というくくりでしたので。


お葬式の時は雨でしたが、今日は曇り。

しかも、今年一番の冷え込んだ日でした。

お葬式をやった場所で、お経を読んでもらって、お焼香を

しました。

30分くらいでした。


突然だった事もあり、ペット霊園は動物病院で紹介された

ところにしたんです。

近いところの方がいいかと思って。

でも、他のところでもよかったかな?

と思いました。

なんか、淡々としすぎて。


里親募集のボランティアの団体が来ていました。

犬や猫は外で、ケージ入れられていました。

石油ストーブたいたりしていましたけど・・・。

凄く寒そうでかわいそうでしたよ。

震えている子もいました。

猫達は、ケージの中のベッドでくっついて丸まっていました。

里親探しとはいえ、かわいそうな状態でした。

大人の子がほとんどでしたね。

さすがに、運命を感じる子はいませんでしたけどね。

生まれ変わるには早すぎですからね。


結局、お骨は持って帰りました。

持って帰る人が多いみたいですね。


まだまだ、1日に1度は涙が出る日々を送っています。

なかなか、立ち直れないですね(T_T)



楽しみにしていた皆既月食。

曇りがちで無理かな~と思いましたが、お月様の周り。

奇跡的にずっと、雲がなくて。

お星様もいっぱい見えて。

な~たんが見せてくれたのかな?と勝手に思っています。

有難う(^^)な~たん♡

気のせいかもしれませんが・・・

この記事はブロとものみ閲覧できます

ひなさんとたかまさ

はるちゃんと、お母さんかお父さんが一緒なんじゃないか?

と思うくらい、はるちゃんと模様が似ていた「たかまさ」

本当に、やさしい子でした。

もう、亡くなって何年になったっていってたかな?

な~たんの命日と5日ほどしか変わらないそうです。



な~たんのお葬式の時に、たかまさの話もしてました。

たかまさ、骨になってわかったそうですが、足を骨折してい

たそうです。



そして、今、弟が飼ってる「ひなさん」

片足が悪いんです。

おそらく事故で骨折して変にくっついたんじゃないかって。

どっちの足とか、骨折場所までわからないですけど。

ひなさんは、たかまさの生まれ変わりのような気がするん

です。

♂、♀入れ替わる事があるかわかりませんが(^^;

たかまさは、女の子ぽかったしなぁ。


ひなさんを飼う事になった時も、生まれ変わりのような気が

してたんです。

弟と出会ったのは必然的じゃないかって。


ひなさんは、弟が働いていた会社の近辺にいた子だそうで

す。

元々は飼い猫で捨てられたみたいな感じです。

周りの野良猫に追われて、行き場を失っていたらしく。

我慢しきれなくなって拾ってきたそうです。


ひなさんとたかまさの性格が似てるかと言われると、話を

聞く限り微妙ですが、なんとなくそんな気が・・・。

そう思うと、私は、な~たんの生まれ変わりに出会うのか

な?と思ったり。

もう、飼う気はないですが、何かを感じて飼う事になったら、

生まれ変わりなのかな?って思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。